2014年11月 3日 (月)

2014年秋冬の美術展

2014年秋冬の美術展(■は観賞済み)
■GOOD DESIGN EXHIBITION 2014
東京ミッドタウン内各所
2014年10月31日(金)~11月4日(火)
http://www.g-mark.org/gde/2014/index.html
□印象派のふるさと ノルマンディー展
東郷青砥記念 損保ジャパン日本興亜美術館
2014年9月6日(土)~11月9日(日) (休館日:月)
http://www.sjnk-museum.org/program/current/2139.html
■ボストン美術館 北斎 浮世絵名品展
上野の森美術館
2014年9月13日(土)~11月19日(日) (休館日:9/16火, 9/29月,10/6月,10/14火,10/20月,10/27月)
http://ukiyoe.exhn.jp/
□トーベ・ヤンソン展 ~ムーミンと生きる~
そごう美術館
2014年10月23日(木)~11月30日(日) (休館日:そごう横浜店の休日に準ず)
http://www2.sogo-gogo.com/common/museum/archives/14/tove/index.html
□日本国宝展
東京国立博物館平成館
2014年10月15日(水)~12月7日(日) (休館日:月)
http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1648
□ウフィツィ美術館展 黄金のルネサンス ボッテイチェリからブロンヅィーノまで
東京都美術館
2014年10月11日(土)~12月14日(日) (休館日:月)
http://www.uffizi2014.com/
□チューリッヒ美術館展
国立新美術館
2014年9月25日(木)~12月15日(日) (休館日:火)
http://www.nact.jp/exhibition_special/2014/zurich/index.html
□ボストン美術館 ミレー展
三菱一号館美術館
2014年10月17日(金)~2015年1月12日(月) (休館日:月、12/27土~1/1木)
http://mimt.jp/millet/
□ホイッスラー展
横浜美術館
2014年12月6日(土)~2015年3月1日(日) (休館日:木、12/29月~1/2金)
http://www.jm-whistler.jp/
□夢見るフランス絵画 印象派からエコール・ド・パリへ
Bunkamura ザ・ミュージアム
2014年10月18日(土)~12月14日(日) (休館日:11/4火)
http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/14_france/index.html
□ザハ・ハディッド
東京オペラシティー アートギャラリー
2014年10月18日(土)~12月23日(火) (休館日:月)
http://www.operacity.jp/ag/exh169/
□紙片の宇宙 シャガール、マティス、ミロ、ダリの挿絵本
ポーラ美術館
2014年9月21日(日)~2015年3月29日(日) (無休)
http://www.polamuseum.or.jp/sp/shihen/
□ポーラ美術館ガラス工芸名作選 エミール・ガレとアール・ヌーヴォーの作家たち
ポーラ美術館
2014年9月18日(木)~2015年3月29日(日) (無休)
http://www.polamuseum.or.jp/exhibition/20140921c03/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月18日 (土)

@ビリング

光回線自体を変更するという勧誘の後、フレッツ光のプロバイダーが安くなるという勧誘電話があった。トータルでいくら払っているのか分かっているが、細かい内訳を把握した上で、プロバイダー料金が安くなるのならば変更しようかと思って、NTT東日本の@ビリングで確認しようとした。
しかし、書類にあるいろんなIDを試してもログインできない。これは申し込んでないんだなと思い、新規に申込みをしたら、一昨日NTT東日本からメールが来て、ここにアクセスしろというURLとID、さらに別メールでパスワードも届いた。郵便で@ビリングのID、パスワードが届くということだったが、メールでもやってくれるんだと、NTTも進歩してるじゃないかと一瞬感心して、URLにアクセスして送られたID、パスワードでログインした。
ところが、@ビリングには昨年6月に加入済みで、ID、パスワードの再発行には窓口に電話するようにとの連絡のページが表示されるだけ。で、そこにあった電話番号に電話すると、土日祝日はやってませんと。 あー、いらつく。こんなんでよく商売やっているな(- -#)
とりあえず、そのページにはなかったWebからの再発行ページを見つけて申請をしておいた。いろんなIDが発行されていてどれがどれか訳が分からない。電話番号に一本化しなさい。DoCoMoはできているよと文句も書いておいた(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 8日 (水)

有楽町駅での京葉線乗り継ぎ

川崎、横浜方面から京葉線に乗る時(千葉方面に向かう時)は、東京駅で延々と歩くのではなく、国際フォーラムの東京駅寄りの方から地下に降りるという方法を私はとっています。地下に降りると、そこに京葉線の改札があります。

東海道線や横須賀線で東京駅に直接向かい京葉線まで延々と歩くのと、新橋駅で乗り換えて一駅山手線で有楽町まで行って少し歩くのとでは、正確に計測していないですが、おそらく後者が速いはず。歩く時間は半分以下でしょうね。

今回CEATECを見学するために、京葉線に乗る必要があり、いつものように有楽町駅から乗り換えようとしました。ひょっとして、外に出ずに乗り継いだ方が安くなるかもと思い、改札横の窓口付近に乗継証明を出すようなことが書いてあって、窓口に言って写真の証明書をもらいました。

Bzzproceaa4iex

この証明書があると、有楽町駅でスイカをタッチせずに改札を出て、京葉線に入る時も証明書を渡してスイカをタッチせずに入ることになります。

しかしながら、料金を調べてみると、以下のように、有楽町駅の改札を一旦出て、再度京葉線の改札に入るというのが安いことが分かりました。
武蔵中原−海浜幕張(乗り継ぎ)=918円
武蔵中原−有楽町=302円、東京−海浜幕張=583円、合計 885円
差=33円(3.5%安い)

理由は明確に分かりませんが、以下のページにあるように、安くなる山手線区間が2回入ることで、通して買った場合の1回より安くなるのでしょう。

http://matome.naver.jp/odai/2137172073083020401


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 4日 (土)

ひかり回線変更キャンセル

ひと月くらい前に電話があり、ネット回線がかなり安くなりそう、サービスはそのまま引継げそうということで、フレッツ光からS○-net系のNu○○光へ転換を決めた。明日宅内工事、来週宅外工事の予定だった。

今日夕方打合せ中に電話があり、工事業者から連絡を入れるから何時がいいかとの連絡。宅内工事の話かと思い、20時以降電話欲しいと言って待っていたら電話がかかってきた。話をしているとかみ合わない。アンテナの設置工事の話!?よくよく話を聞くと、フレッツ光のひかりTVは利用できなくなり、別途地デジ、BS用のアンテナの設置が必要とのこと。その費用が5万円。
一応、工事費用が4万円かかり、キャッシュバックがあって相殺されるという話は聞いていたけれど、アンテナを立てる話は初めて聞いた。 宅内工事の連絡は夕方自宅にあったようで、明日14時から16時とのこと。宅外工事をしたらTVは見えなくなるが、その工事予定は10/11(土)。ひと月くらい前に決めた日程。さっきアンテナ工事業者に聞いたら工事がいっぱい入っていて、その次の週しか工事はできないと。このままだと1週間TVが見られない。どうなっているんだろうね。
光回線はそのまま使用して、プロバイダーの契約が変わるだけで、NTTのサービスはそのまま利用できると思い込んでいたのだが、光回線そのものが変わるということ。アンテナ工事代はキャッシュバックや月々の料金が安くなる分で数か月でペイするかもしれないけれど、これまでケーブルやひかりTVでテレビを観てきて、家にアンテナ立てたくない。アンテナ立てると、台風で倒れたりとかメンテが必要だし、雨や雪の時にBSが観難くなるなどあまりいいことはないんでね。
ということで、翌朝朝一で電話して、キャンセルしました。最初工事の窓口に電話して、工事を止めてもらい、そこから契約窓口に電話して欲しいということで電話したら、スムーズにキャンセルできました。工事の窓口の方は少しぶっきらぼうな対応でしたが、契約窓口は非常に丁寧なプロの受け答えで申し分なし。
元々フレッツ光とCATVだったんですが、安く速くなるのでau光に4,5年前に替えました。さらに2年くらい前にTVも一本化してトータルで安くなるということでフレッツ光(+ひかりTV)に戻したのでした。今回さらに安くなりそうだったので、ぐらぐらっと来て変更しようかと思ったのですが、完全にTVは独立させないといけないという話をきちんとされてなくて、話が違うということで、今回のキャンセルとなりました。当面このままで様子をみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月23日 (火)

北斎展とエジプト展

昨日、2014/09/22に行ってきた二つの美術展に関するメモ。

■ボストン美術館 浮世絵名品展 北斎 @上野の森美術館
2014年9月13日(土)―11月19日(日)
(休館日:9/16火, 9/29月,10/6月,10/14火,10/20月,10/27月)

http://ukiyoe.exhn.jp/

10635923_10204811417426775_49106553

ボストン美術館の所蔵する約140点を展示。年代別に三部構成。

第一章 稀品と優品でたどる浮世絵版画70年
第二章 華麗な摺物と稀覯(きこう)本
第三章 肉筆画と版下絵・父娘の作品

第一章に、富嶽三十六景や諸国瀧廻りなどの有名な絵が集中。
初期の頃は、絵自体は精緻なものの2、3色の単調な色使い。
それが富嶽三十六景辺りになると、青が目立つ鮮やかな色調に変化。
有名な神奈川沖浪裏や凱風快晴(赤富士)などの色使いは素晴らしい。

途中、赤富士の製作過程の説明があった。どういう順番で刷っていくのかは
分かったのだが、細かい線特に雨や波頭をどう彫っていくのかは分からず。
凸面として残すはずで、下絵としての出来もさることながら、彫り師の力量が
かなり影響を与えそう。

それから、富嶽三十六景は、もう少し大きい絵かと思っていたが、A3よりも
小さいくらいだった。

諸国瀧廻りの絵は、滝の落ちる様、落ちた水の流れる様を深い青をベースに
して白い線でシンプルに表現している。カメラでシャッタースピードを落と
して、滝を撮ってシルキーに表現したものがある。表現される形はそれと近い
のだが、エッジが強調されてシャープな水になっていて、水の勢いを感じた。

この他、ユーモラスに妖怪を描いたもの、花と鳥、その他と盛り沢山でかなり
見応えがあった。

■メトロポリタン美術館 古代エジプト展 女王と女神 @東京都美術館
2014年7月19日(土)―9月23日(火・祝) (休館日:月)
http://met-egypt2014.jp/

1795837_10204811417586779_790152067 10387693_10204811417546778_26503334

9/23までだったので、9/22に北斎展の後に滑り込みで見学。
メトロポリタン美術館が収蔵する3万点の中からエジプトコレクションの女性
をテーマにした約200点を日本初公開。

女性ファラオは数人いたそうだが、政治的・経済的に成功した唯一の女王
ハトシェプスト女王にまつわる品々を中心に、ホトホル女神信仰に関連する
品々(像、壺、装飾品、棺など)が展示。

エジプト関係の展示を観る都度思うのだが、実際に使っている装飾品の素晴ら
しさは言うまでもないけれど、実用というよりも単なる置物的な物、今で言う
フィギュアのような細かい人形などが非常に精巧に作られている。海洋堂の
仕事のような感じ。富と権力が集中した人だけの話かもしれないけれど、そう
いったものに注ぐ姿勢が現代に通じるものがあって文明の高さを感じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 7日 (日)

熊本から来た人

かなもと たいせい写真展、熊本から来たひと@roonee

1932022956_129s

同郷で同い年で医者でありプロ顔負けの写真家てある、かなもとさんの写真展。熊本から東京に来て働いている人たちのポートレート34枚。
二眼レフで撮影し自ら焼き付けた写真。それぞれに所縁のある場所を背景に、それぞれの想いをモノクロならではの深い陰影が描き出す。
最終日の修了直前だったが、行けて良かった。シャンパンをご馳走になりながら鑑賞した(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年夏秋の美術展

この秋行きたい美術展。

□ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展

世田谷美術館

2014年6月28日(土)―9月15日(月・祝) (休館日:月)

http://www.boston-japonisme.jp/top/#

□メトロポリタン美術館 古代エジプト展 女王と女神

東京都美術館

2014年7月19日(土)―9月23日(火・祝) (休館日:月)

http://met-egypt2014.jp/

□オルセー美術館展

新国立美術館

2014年7月9日(水)―10月20日(月) (休館日:火)

http://orsay2014.jp/

□ボストン美術館 北斎 浮世絵名品展

上野の森美術館

2014年9月13日(土)―11月19日(日) (休館日:9/16火, 9/29月,10/6月,10/14火,10/20月,10/27月)

http://ukiyoe.exhn.jp/

□エヴァンゲリオン展

そごう美術館

2014年7月19日(土)―9月7日(日)

http://www2.sogo-gogo.com/common/museum/archives/14/evangelion/index.html

□冷たい炎の画家 ヴァロットン展

三菱一号館美術館(東京・丸の内)

2014年6月14日(土)―9月23日(火・祝) (休館日:月)

http://mimt.jp/vallotton/top.php

□横尾忠則 肖像図鑑展

川崎市市民ミュージアム

2014年6月28日(土)―9月23日(火・祝) (休館日:月)

http://www.kawasaki-museum.jp/exhibition/humanicons/

□村岡花子と「赤毛のアン」の世界展

弥生美術館

2014年7月4日(金)―9月28日(日) (休館日:月)

http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/yayoi/exhibition/now.html

□耀きの静と動 ボヘミアン・グラス プラハ国立美術工芸博物館所蔵 

サントリー美術館

2014年8月2日(土)―9月28日(日) (休館日:火)

http://www.suntory.co.jp/sma/exhibit/2014_4/?fromid=topmv

□日本SF展・SFの国 

世田谷文学館

2014年7月19日(土)―9月28日(日) (休館日:火)

http://www.setabun.or.jp/exhibition/exhibition.html

□進化するだまし絵II

Bunkamuraザ・ミュージアム

2014年8月9日(土)―10月5日(日) (休館日:9/8)

http://www.damashie2.com/index.html

□ヨコハマ・トリエンナーレ2014

横浜美術館

2014年8月1日(金)―11月3日(月・祝) (休館日:第1、3木)

http://www.yokohamatriennale.jp/2014/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 4日 (月)

2013年秋冬の美術展

観に行きたい秋冬の美術展(記入ミスがあるかもしれません。詳細は各公式ページで確認ください。月曜日の休館が多いようですが、祝日の場合は開館している場合が多いようです)。

■ターナー展
東京都美術館
2013年10月8日(火)―12月18日(水) (休館日:月)
http://www.turner2013-14.jp/

■カイユボット展
ブリジストン美術館
2013年10月10日(木)―12月29日(日) (休館日:月)
http://www.bridgestone-museum.gr.jp/caillebotte/

□印象派を越えて-点描の画家たち
新国立美術館
2013年10月4日(金)―12月23日(月・祝) (休館日:月)
http://www.nact.jp/exhibition_special/2013/km2013/index.html

□ウィリアム・モリス 美しい暮らし-ステンドグラス・壁紙・テキスタイル
府中市美術館
2013年9月14日(土)―12月1日(日) (休館日:月)
http://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/kikakuten/kikakuitiran/morris/

□興福寺創建1300年記念 国宝 興福寺仏頭展
東京藝術大学大学美術館
2013年9月3日(火)―11月24日(日) (休館日:月)
http://butto.exhn.jp/

□スヌーピー展
森アーツセンターギャラリー
2013年10月12日(土)―2014年1月5日(日)(休館日:会期中無休)
http://www.roppongihills.com/events/2013/10/macg_snoopy-exhibition/

明治のこころ モースが見た庶民のくらし
江戸東京博物館
2013年9月14日(土)―12月8日(日)(休館日:月)
http://www.asahi.com/event/morse2013/

京都-洛中洛外図と障壁画の美
東京国立博物館
2013年10月8日(火)―12月1日(日)(休館日:月)
http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1610

ショートショートフィルムフェスティバル&アジア
東京都写真美術館
2013年10月24日(木)―10月27日(日)
http://syabi.com/contents/exhibition/movie-2135.html

吉岡徳仁-クリスタライズ
東京都現代美術館
2013年10月3日(木)―2014年1月19日(日)(休館日:月)
http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/147/

# 2011/11/04 追加

□印象派と世紀末美術
三菱一号館美術館
2013年10月5日(土)―2014年1月5日(日)(休館日:月)
http://mimt.jp/meihin/

□バルビゾンへの道 山寺後藤美術館コレクション展
Bunkamura ザ・ミュージアム
2013年10月20日(日)―2014年11月18日(月)(無休)
http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/13_yamadera/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月28日 (土)

パキスタンカレー

東横線白楽駅、六角橋交差点近くのパキスタンカレーのサリサリカリーに行ってきました。近くなので犬の散歩の都度一度行ってみたいと思っていましたが、やっと念願叶いました。
メニューはカレーとサラダとチャイのセット1000円だけ。じっくり骨ごと煮込んだチキンのカレーで、肉はほぐれています。辛くはなく少々しょっぱくは感じましたが、独特のスパイスが効き美味しかったですね。看板とか面白いです。

1912861756_114 1912861756_25 1912861756_138

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月27日 (土)

2013年夏の展覧会

夏の展覧会。
今の所、東京都現代美術館だけだな。なかなか時間がない。いくつ行けるか?

■国立新美術館
アンドレアス・グルスキー展
2013年7月3日(水)―9月16日(月・祝)
http://www.nact.jp/exhibition_special/2013/gursky/index.html 

■横浜美術館
プーシキン美術館展 フランス絵画300年
2013年7月6日(土)~9月16日(月・祝)
http://pushkin2013.com/about/yokohama.html 

■東京都美術館
ルーヴル美術館展 -地中海 四千年のものがたり-
2013年7月20日(土)~9月23日(月)
http://louvre2013.jp/ 

■東京都現代美術館
手塚治虫×石ノ森章太郎 マンガのちから
2013年6月29日(土)~9月8日(日)
http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/145/ 

■世田谷美術館
榮久庵憲司とGKの世界 鳳が翔く
2013年7月6日(土)~9月1日(日) 1階展示室
http://www.setagayaartmuseum.or.jp/exhibition/exhibition.html 

■国立科学博物館
深海-挑戦の歩みと驚異の生きものたち-
2013年7月6日(土)~10月6日(日)
http://www.kahaku.go.jp/exhibitions/ueno/special/2013/deep-sea/ 

■日本科学未来館
サンダーバード博~世紀の特撮が描くボクらの未来~
2013年07月10日(水)~2013年09月23日(日)
http://www.miraikan.jst.go.jp/info/130208118623.html 

■BUNKAMURAザ・ミュージアム
レオ・レオニ 絵本のしごと
2013年6月22日(土)-8月4日(日)
http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/13_lionni.html 

レオナール・フジタ-ポーラ美術館コレクションを中心に
2013年8月10日(土)-10月14日(月・祝)
http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/13_fujita.html 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«年末に父が他界